2017年1月 3日 (火)

明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。

昨年中は、大変お世話になりましてありがとうございました。

本年もどうか宜しくお願い申し上げます。

ことしも頑張ります!

2016年9月21日 (水)

シナプスさんに感謝です。

 今日は、かねてよりNTTにお願い致しておりました、ヒカリ回線の隼への切り替え

の日でした。出張しての工事をお願いすると良かったのですが、電話でいろいろお聞き

しながらできると思ったので自分でする事にしました。日にちが近づくと、なんかわけ

のわからない器具が送ってきました。

これは自分では、ハードルが高いと思い、NTTの方に、”いろいろ教えてくださいとお

願いしてましたが、今日は、何回電話をしても肝心のNTTが繋がりません。

しかたなく適当に説明書類を見ながらやってみましたが、いろいろ不安で、いつもの頼

みの綱のシナプスさんにお聞きしました。

シナプスさんとは、長いおつきあいです。いざと言う時とても頼りになります。シナプ

スのおねえさん方が懇切丁寧に教えてくださり、無事開通しました。アダプタの接続が

いい加減だったので、ネットの接続設定にとても時間をとらせてしまいました。申訳け

なかったです。長い時間お相手くださりありがとうございました。

 

2016年9月 4日 (日)

台風

 台風12号がこちらに向かっていると言う事で厳重な戸締りをして迎えましたが、

あまり影響がなくほっと致しております。しかし、鹿児島の北部、九州の北部は今か

らも影響が大きいようです。台風の速度が遅いので雨が長く続くようです。被害がない

事を祈るのみです。

 それにしても10号は、酷い爪痕残しましたね。お見舞いを申しあげます。10号

が都市圏に向かってからは、朝から晩まで台風情報をテレビで放送してましたが、大

きな危険を孕んだ台風である事が解っていたのでしょうね。あまりの被害にびっくりし

ております。北海道も岩手県も大変ですね。元気出しくださいませ。

2016年8月28日 (日)

天文雑学メルマガより

 久しぶりのブログです。焼酎情報を、と思ったのですが、今日のメルマガを記録

したかったので、天文雑学のメルマガよりです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ★【星座】天頂に 明るく輝く
こと座ベガ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
夏の夜空のヒロイン「織姫星」。
織姫星は、「こと座」α星ベガです。

「七夕の星、まだ見えるの?」

はい。
伝統的七夕は、太陽暦では、7月末~8月末です。
太陽暦の7月7日より、今頃の方が
七夕の星は見やすいですね。

「あぁ、夜、9時頃には天頂付近へ来るね。
 宮城県仙台市から見えると丁度天頂だ!」

はい、そうですね。
仙台のJリーグのサッカーチームは
「ベガルタ」というそうですが、
「ベガ」と「アルタイル」の名前から
きているそうです。

「へぇ~・・・さすが七夕の街だね」

「こと座」は、全天に88個ある星座の中で、
唯一の楽器の星座です。

「お琴の星座なの?」

日本の「琴」ではなく
西洋の竪琴ハープの原型になった
ライラと言う楽器えすね。

「ハープか・・・」

琴の持ち主は、ギリシャ神話に登場する
ことの名人オルフェウスでした。
今回は、「こと座」の物語をお話しましょう。

===

琴の名人オルフェウス。
美しい妻エウリディケと二人仲良く
暮らしておりました。

しかし、エウリディケは、
毒蛇にかまれて死んでしまいます。

彼は、亡くなった妻を追って
黄泉の国への旅を決意しました。

普通、生きた人間は黄泉の国へは入れません。
番人が行く手を阻もうとすると
オルフェウスは得意の琴を奏でました。
オルフェウスの琴の音の美しさに聞きほれた番人は、
彼を通してくれました。

オルフェウスは、
黄泉の国の王ハデスの前に進み出ると
「愛する妻を返して欲しい」と訴えました。
しかし、ハデスは
「死んだ者を返すことはできない」と拒みます。
オルフェウスは、ハデスの前でも琴を奏で、
自身の思いを伝えました。

ハデスの妻のペルセポネは、
オルフェウスの琴の音に心を動かされ
ハデスにエウリディケを返してやるよう
進言しました。

ハデスは、
「オルフェウスよ。
 妻のエウリディケを返すにあたり
 一つ条件を出そう。
 地上に到着するまでは、
 決して妻の顔を見てはいけない。
 エウリディケは、
 お前の後を必ずついて行かせるから。
 決して振り返ってはならない。
 良いな」
とオルフェウスに約束させました。

オルフェウスは、喜びました。
苦労の旅路は報われたのです。
地上への道のりは長く険しいものでしたが、
帰り道は、彼の行く手を阻むものはありません。
地上まで戻れば、
妻は自分の元へと返ってくるのです。

しかし、オルフェウスは、妙なことに気づきました。
エウリディケの足音がしない?
洞窟に響く足音は、自分のものだけに思えました。
自分が立ち止まると足音も止まります。

「オカシイ・・・
 そういえば、ハデスは『死者を返したくない』と
 言っていた。
 もしかして、
 『エウリディケを返す』というのは嘘では?
 地獄への道のりは長く遠い。
 地上へ戻れば諦めるとでも思ったのだろうか」

オルフェウスが地上に近づくにつれて
ハデスへの疑いの気持ちは
どんどん大きくなりました。

そして、地上の光が一筋見えたその時、
オルフェウスは堪らず、
後ろを振り返ってしまいました。

「しまった!」

そこには、悲しそうな妻エウリディケの姿が
ありました。
オルフェウスは、手を伸ばしましたが、
それよりも速く彼女は地獄の闇へと
呑み込まれてしまいました。

オルフェウスは、悲しみのうちに琴を打ち捨て、
その琴は、神の手により天に上げられました。

これが、こと座。
今でも天の川の畔で、
寂しい音色を独り、奏でています。

・・・・・・・・・・・・・・・・なんとも物悲しい「ベガ」の

お話しでした。

 鹿児島では、あちこちの蔵で新酒造りが始まっています。

台風が心配です。甲信、関東、東北の皆様くれぐれもお気を付けください

ませ。早めに電灯、水、食料品を準備して、厳重な戸締りをして、外へ出

ない事です。テレビを見ていますと、大風の中不用意に出歩いていますよね。

屋根なんか風の中上るなんてもってのほかです。南国の私達が、大雪に慣れ

ないのと同じなんでしょうね。どうぞお気を付けくださいませ。

2016年5月13日 (金)

熊本地震のお見舞い申し上げます。

 久しぶりのブログです。

熊本の地震は、大変だったですね。お見舞い申し上げます。

やっと収まってくるのかなって感じはしますね。でも油断はできないでしょうね。

熊本城も崩壊がひどく、修復ができて生きている内にもう一回見る事が

できるのでしょうか?熊本城の桜、見たかったなあ。と、今更思う事です。

 昨日木曜日の夜は、いろいろお楽しみ番組があり、楽しみにしているのですが、

夜遅いので、しっかり覚醒して見ている事が少ないですが。

 スーパープレゼンで、”幸せの秘訣教えます。「ハーバード流幸福論」”があった

のですが、ちゃんとチエックしてなくて、ちょこっと聴きました。

 幸せの定義は、年齢とともに変わってくる。

 年齢を重ねるほど、幸せになる。?

外いろいろでしたが、年齢を重ねるほど幸せになる。は ? と思いました。

 

 

2016年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨年はお世話になりましてありがとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2015年11月 3日 (火)

福田忠弘先生のご講演

 「第30回国民文化祭・かごしま2015」で、鹿児島県のあちこちでイベントが

行われています。枕崎市でも10月31日、11月1日「かつおと焼酎 食と文化の

祭典」”日本一の鰹節(カツオ)と本格焼酎のまち 味のコラボレーション” をテー

マに講演、実演が行われました。

 かねてから鹿児島の地方紙・南日本新聞に「海耕記」ー 原耕が鰹群に翔けた夢 

の連載を書いておられる、鹿児島県立短期大学教授 福田忠広先生のご講演が「語り

継ごう!伝えよう!枕崎人の心意気」の演題で行われました。

先生は、栃木県宇都宮の方で鹿児島に来られる前は、外交史が専門でベトナムにおら

れたそうです。鹿児島に来られてから坊津を訪れた時、坊津歴史資料センターの”輝

津館”の前にある”原耕”先生の像の下にて書いてある、プロフィールを読んでビビット

たそうです。それからは、”原耕”先生の足跡、功績を追い続け、今年はオランダま

も資料の収集に行かれたそうです。。”原耕”先生は、枕崎の遠洋漁場開拓に多大な

功績を残してくださった人です。

 枕崎人は、幾多の困難も乗り越えて、現代の鰹漁業まで育てあげてきた先人達のこ

とを語り繋いで欲しい!枕崎に残る”汐替え節”(船の上で鰹の餌のきびなごが死なな

いように常に塩水を変えないといけない。そのつらい作業をする時歌った唄)も歌い

継いで欲しい。

 先生の”原耕”先生に対する熱い思いと、鰹と、枕崎人に熱く寄り添ってくださる気

持が強く伝わりました。

 

2015年10月19日 (月)

プロフェッショナル 仕事の流儀

 今日は、久しぶりにNHKの ”プロフェッショナル 仕事の流儀”をみました。

企業家の増田宗昭と言う方が出演されていました。

 〇 革新は、失敗からしか生まれない。

 〇 心に火をつける。来られたお客様が、思わず笑う。

 〇 自分の失敗だけが、自分の身になる。

 〇 人を幸せにできる人

 などなど、学びました。

それで思ったのですが、昨日のブログで、お客様に”幸せな気分”に

させていただいたなあ。

遠路来られるお客様を、お隣から来てくださるお客様を幸せな気持ち

にさせているのかなあ_。心して頑張ろうと思いました。

2015年10月18日 (日)

新焼酎六代目百合

 一昨日、”新焼酎六代目百合”が入荷したので、以前ご予約くださった方々にご連絡をさせていただきました。 

 今日の日曜日、早速ご来店くださったお客様のお一人の方が、「六代目百合は、ほんと美味しいよね。いろいろ飲んだけど、六代目百合が私は、一番美味しいと思う。」って言ってくださいました。

 造っていないのに、造った者のように嬉しかったです。

2015年9月20日 (日)

演奏会

 夕べは、福岡工業大学吹奏楽団の演奏会でした。

枕崎市に以前に作られた天文台で、「土星を観察する会」も、あったので

心はちょっとゆれました。天気がよかったら、星に!と思ったのですが、曇

っていたのと、演奏会が今年で最期にならないとも限らないし、で、演奏会

の方にいきました。福岡工業大学の吹奏楽団は、現在は九州大会で優勝して

10月に全国大会が北海道であるとの事でした。

いつもとすると、感激は少なかったですが、指揮者の柴田裕二さんの、トラ

ンペットのソロ演奏は、大変素晴らしいでした。

会場は満席でした。

帰りに空を見上げると、今日見るはずだった、三日月が雲の間から顔を見せて

いました。土星は、雲の中でした。